カープ“見える化”目指し「ラプソード」導入

転載元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518353616/

20180211-00000038-dal-000-2-view

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/11(日)21:53:36 ID:QDC

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180211-00000038-dal-base
 広島は今春キャンプで簡易型弾道測定器「Rapsodo(ラプソード)」を導入した。
捕手の後方に設置し、投球の回転数や変化量などを測るハイテク機器だが、固定式の「トラックマン」より安価で持ち運びも可能。
投球データを蓄積することで、リハビリや状態の向上などに活用するのが最大の目的だ。
“見える化”を実現することで、選手が、よりパフォーマンスを発揮できるように支えていく。

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/11(日)21:55:25 ID:Ice
秋キャンプでもう取り入れてなかったっけ

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です