巨人1位鍬原、「せんとくんグラブ」を使用することを奈良県が許可する

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518057644/

1: 風吹けば名無し 2018/02/08(木) 11:40:44.84 ID:5GcNWWhe0
巨人1位鍬原の「せんとくんグラブ」奈良県が認めた

 巨人のドラフト1位、鍬原拓也投手(21=中大)が地元奈良の大人気マスコットキャラ「せんとくん」とコラボを果たす。グラブのウェブ(網)部分に、愛くるしいキャラがプリントされた一品が契約メーカーのゼット社から届いた。公式戦では規定で使用できず、練習用だが、奈良のPR効果は抜群。鍬原は「奈良県出身なので、せんとくんをグラブに入れようと思いました」と直球の奈良愛を示した。

 せんとくんの使用には奈良県の許可が必要となる。伝統球団のドラ1右腕ということもあり、スポーツ選手としては初めて申請が認められた。同県庁観光プロモーション課は「巨人ファンの方は全国に多くいらっしゃいますので、せんとくんを見てもらって、観光に来ていただければ」と相乗効果に期待した。

 これまで選手と地域PRの好例がある。現中日の小笠原2軍監督は現役時代、名前つながりで小笠原村の観光親善大使を務め、阿部もかつての自主トレ地、沖縄・伊江島の球場設計を助言し、観光親善大使に就任した。鍬原は上半身のコンディション不良のため3軍調整中も、1軍で輝く日が来れば、せんとくんとともに奈良県が発信される。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180208-00119920-nksports-base
5XENXps

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です