打率が上がる・・・コントロールがよくなる秘訣とは☆
打率が上がる・・・コントロールがよくなる秘訣とは☆

野球塾 代表 川端先生

上達の秘訣はコチラ!

小学生の頃は誰からも「良い選手ですね!」と
言われていた選手が中学生になって伸び悩んでいました。

バットにボールが当たらなかったり、
ボールを捕るのもポロポロしたり、
投げるボールも伸びはなくコントロールもアバウト…

仕方がない!

おそらくこれは体が成長する過程でよくある
クラムジーだろうと思ってそっとしていたんです。

そんな時に瞬達めがねの話を聞きました。

そのメガネは物理学者が考案した不思議なメガネで
それをかけるとバッティングではミスショットが減り、
ボールはスムーズに捕球できるようになって、
投げてみると回転の良い質の高いボールが
コントロール良く投げれるようになると言うんです。

「本当にめがねでプレーが変わるのか?」と最初は
どうしても信じられなかったんですが、騙されたと
思ってその選手に瞬達めがねをかけさせてみると…

奇跡が起きたかのように劇的に変わったというわけではないんですが…

バットにはしっかり当たるようになりましたし、
ボールも安定して捕れるようになりましたし、
コントロールの良いボールが投げれるようになりました。

では、なぜプレーの質が変わったのか?

その選手と話してみると『見え方』が変わったと言うのです。

今まではボールを見よう見ようとしていたのに
このめがねをかけると見ようとしなくても見えるんです、と。

ところがですね。

このめがねをかけると実際はボールが見えなくなるんです。
だけどプレーしている人間には見えてしまうんですね。

いや『見えてる感じがする』と言った方がいいかもしれません。

まあ、この辺の微妙な感覚は瞬達めがねをかけて体験して欲しいんですが…

今、考えてみるとこの選手のプレーの質が落ちていたのは
スマホを見すぎていたせいだと思うんですね。

中学生になってスマホを見るのが習慣になってしまった事で
近くを見るのが当たり前の眼になってしまったわけです。

その眼の使い方が身についてしまったのでバットにボールが
当たらなくなったんだと思います。

要するに自分とボールとの距離感がわからないので
当たらない、捕れない、投げれない体になってしまったんですね。

実際、こういう選手はたくさんいると思いますが
毎日のようにスマホを見ている選手は本当に注意が必要です。

スマホを見ることで近くを見る眼になってしまいますから…

打てなくて悩んでいる。
捕れなくて悩んでいる。
投げれなくて悩んでいる。
こういう選手はたくさんいると思います。

その悩みを解消するためにたくさん練習をしていることでしょう。

でも、実はその原因が『眼』にあったとしたら…

恐ろしいことですよね?

なぜなら【練習→スマホ→練習→スマホ→練習→スマホ】で
どれだけ一所懸命練習しても眼の使い方だけが改善されないからです。

でも、今の時代にスマホを見るなと言うのは厳しいでしょう。

実際にインターネットにはたくさんの情報がありますからね。
相手のピッチャーも見たいでしょうし、自分のプレーだって見たいはずです。

ですから「スマホを見ないでください!」とは言いません。

ただ、そのスマホを見る時も『眼の使い方』を変えてみてほしいんです。
その方法はこの教材を見ればわかります。

さて、このDVDで収録されている内容は以下の通りです。
ぜひ、内容をお確かめの上、お買い求めください。

⇒上達の秘密はこちら?